関節夫 12/1(木)『こころの処方箋【ココトバ・ブレンド】:短歌セラピーの書』Kindle版 発売いたします。

12/1(木)に関節夫著作の『こころの処方箋【ココトバ・ブレンド】:短歌セラピーの書』が発売されます。
下記URLよりお買い求めください。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N2MTYNX/

今日よりも明日を快適に生きるヒントが
詰まったコトバのビタミン剤です。
いつも心のポケットに入れてください。

【はじめに】
あなたの心は痛くないですか? 
あなたの心は泣いていませんか?
今の時代はさまざまな社会からの軋轢で
生きていくことが、辛い時代と云えましょう。
デジタル社会になり、インターネットから流れる情報はクールです。
また、インターネットは相手の顔が見えません。
ですから、真のコミュニケーションである「face to face」の
顔を突き合わした温かな会話ができない時代でもあります。
そんな中で皆さまの心には寂しさや焦りが生じるもの。
本書では、そんな現代社会が要因で
何らかの心の曇りや傷をお持ちの方々に、
今の時代をどう生きるかのヒントを
お届けする内容となっています。
今日よりも明日を快適に生きるヒントとなる
心のビタミン剤となる「こころの処方箋」です。
わたくし、関 節夫は社会心理学を学び、また、自らも
30歳の時に心臓発作を起こし一週間生死をさまよい、
その後遺症で不安神経症になりパニック障害になりましたが、
心理学の経験と色々な哲学書を読みあさり、
また禅寺での修業などを通して自分自身で完治させました。
そんな経験を持つ関 節夫が商標登録している
心からの言葉「ココトバ」と、魂を込めて紡いだ31拍の短歌を
お届けする「ココロニスト&短歌アーティスト」として、
今の閉塞的で乾いた時代に、癒しと潤いのコトバの処方箋をお届けします!
心の琴線に響く、メンタルデザインと世界唯一の「短歌セラピー」の世界を
ゆっくりとご服用いただければ幸いです。
もし、あなたの心が塞いだ時に、
もし、あなたが生きていくことに疲れを感じた時に、
もし、あなたの明日が見えなくなった時に、
もし、あなたが泣きたくなるほど辛くなった時に、
この本を開いて、どこからでも読んでください。
きっと、じわりと効果を実感して頂けると思います。

+++++++++++

【プロフィール】
関 節夫 プロフィール
ココロニスト・短歌アーティスト・コピーライター・メンタルデザイナー
中学生時代より、国文学者で教授だった父親の影響を受け、詩や短歌の創作を始める。
この時代はもっぱら詩作をしながら、小説などを書いて過ごしていた。
高校生になると父親の万葉集、古今集、新古今集などを読みあさる。
また担任の教師が歌人であり、本格的に短歌の作詠を始める。
同級生と文芸同人誌を創り短歌、詩、小説などを投稿する。
ニーチェ、ゲーテなどの哲学書や石川啄木に影響される。
高校時代は演劇部に所属して、全国高校演劇コンクールに出場する。
大学時代に社会心理学を専攻して、社会が人間に精神的に及ぼす影響を研究する。
卒論に、太宰治などの文学者の作品から演歌の歌詞などを分析した
「現代日本の精神構造」を書く。

関節夫プロフィール

コメントは受け付けていません。