関 節夫

ココロニスト&短歌アーティスト コピーライター、メンタルデザイナー

 

seki

Profile:関 節夫(Seki Sestuo)
出身地 東京都
血液型 A型
経歴 中学生時代より、国文学者で教授だった父親の影響を受け詩や短歌の創作を始める。この時代はもっぱら詩作をしながら、小説などを書いて過ごしていた。高校生になると父親の万葉集、古今集、新古今集などを読みあさり、また担任の教師が歌人であり、本格的に短歌の作詠を始める。同級生と文芸同人誌を創り短歌、詩、小説などを投稿する。ニーチェ、ゲーテなど哲学書などや石川啄木に影響される。高校時代に演劇部に所属して、全国高校演劇コンクールに出場する。

大学時代に社会心理学を専攻して、社会が人間に精神的に及ぼす影響を研究する。卒論に、太宰治などの文学者の作品から演歌の歌詞などを分析した「現代日本の精神構造」を書く。劇団に所属して役者や演出をこなし全国を公演してまわり、舞台俳優を志すが役者で食べていけないと断念して、大学卒業後、大手広告会社のコピーライターとなる。コピーライター、CMプランナーとしてTOYOTA、HONDA、MAZDAなどクルマ関連やSONY、日本IBM、NECなどのコンピュター関連、資生堂、マックス・ファクター、P&Gなどのコスメティック関連など一流クライアントのキャンペーンを手がける。マーケティングにも造詣を深める。広告賞の受賞も数多くある。SONYを手掛けていた影響で作詞家としてもデビュー。第14回作詞コンクールで最優秀新人賞を獲得する。

短歌を武器に、映像、イラストレーション、音楽などとのコラボレーションで常に時代を見据え、メンタルデザイナーとして「魂のメッセージ」を発信している。特に、団塊の世代への応援歌を始め、ニート、ひきこもり、うつ病、リスト・カットから乳がんや脳性マヒの難病の方々に「言ノ葉ビタミン」を送っている。佐々木幸綱に師事して短歌結社「心の花」会員を経て、現在、短歌結社「短歌人」会員。多摩学友協会会員。バリトンの声楽を二期会会員・古澤利人氏に師事。

2000年9月より「関節夫・短歌スピリットコンサート」を開始して2015年で開催15周年を迎える。
2004年には東京都青梅市の築100年の茅葺き家屋でコンサートを開催して、山の中にも関わらず200名の動員をして、マスコミでも話題となる。2007年、NHK「ニュース9」で「関節夫・短歌スピリットコンサート」が癒しと元気の素を与えるコンサートとして全国ネットでライブや取材が放映される。

出版
  • 写歌集「恋時」(文芸社)
  • 歌集「たそがれはまだ早い」~お父さんの応援短歌~(アートン)
  • 歌集「まなうら」(美研インターナショナル)
  • 短歌朗読CDアルバム「ゆらぎの言ノ葉」
雑誌
  • 「サンデー毎日」グラビア特集で短歌とイラストのコラボを連載
  • 1年間、月間「労働レーダー」にコラムと短歌を連載
テレビ出演
  • NHK「特報・首都圏」
  • TBS「ドキュメント・ナウ」で関節夫の活動と半生が放映される。
  • NHK「ニュース9」でライブ・インタビューが全国に放映されて話題を呼ぶ。
CM出演
  • 2006年 サントリー「ロイヤルウイスキー」
LINK

出演依頼はこちら☞ 出演依頼フォーム

ジパングマネジメント株式会社 タレント事業部
〒108-0073 東京都港区高輪3丁目4番13号 レフォルマ高輪8階
TEL 03-5447-7611 / FAX 03-5447-7614

コメントは受け付けていません。