ジパング・バーチャル・アシスタント

「ジパング・バーチャル・アシスタント」は、Webサイト上で「問い合わせ対応」「ページ案内」「お客様の収集」を行う、AI会話エンジンを搭載した対話型自動応答コンシェルジュです。
AI技術を活用することにより、これまでに人に頼っていた対話による顧客サポートの一部を、コンピュータに移管することが可能です。

「ジパング・バーチャル・アシスタント」の導入ポイント

  1. ユーザビリティの向上
  2. 顧客対応業務に関するコストの削減
  3. マーケティングデータが集まる
1.ユーザビリティの向上

・いつでも素早く問題解決

24時間365日、いつでもお客様をサポート。「ジパング・バーチャル・アシスタント」はいつでも会話でき、お客様の知りたいこと、調べたいことを解決します。

・会話で問題解決

サイト内検索等では多数の候補が表示され、すぐに求める答えを見つけ出すのは大変ですが、「ジパング・バーチャル・アシスタント」なら会話をしながら求める回答に導いてくれます。

・カスタマーエクスペリエンスの向上

商品・サービスの選定、購入、利用、サポートまで、様々なシーンでの利便性が高まり、カスタマーエクスペリエンスの向上が期待できます。

ZVA-2_11
2.顧客対応業務に関するコストの削減

・いつでもAI(人工知能)が顧客対応

Web上に常駐する「ジパング・バーチャル・アシスタント」が365日、時間を問わず、スタッフに代わって顧客の対応を行います。

・情報への到達度が向上

サービス情報、製品情報、アフターサービス、FAQなど、顧客が求める情報へ「ジパング・バーチャル・アシスタント」が導き、知りたい情報への到達度が高まります。

・コストダウン

電話やメール・フォーム等による問い合わせ削減が期待でき、人件費、またフリーダイヤル費用等の削減も期待できます。

01call
3.マーケティングデータが集まる

・優れた消費者インサイト

サービス情報、製品情報、アフターサービス、FAQ等、様々な情報が自然な対話によって得られ、優れた消費者インサイトを発見できます。

・オープンなインターフェース

メールやフォーム等のような記名ログイン等を必要としないため、カジュアルな情報から重要な情報まで、多くのデータが集まります。

・ログレポート

利用者の入力発話に関する統計データを閲覧できるレポートツールを実装し、質問の数や内容等、レポートが可能です。

PC

「ジパング・バーチャル・アシスタント」の導入フロー

知識の習得
ZVA-2_25
成長し、より的確な答えで顧客を導きます。
ZVA-2_27

コメントは受け付けていません。